正しいヨガのポーズ

ヨガのポーズのとるときのポイント

ポイント1(ゆっくりとした動作)動作に意識を集中して、反動をつけずにゆっくり動かしましょう。意識を集中できると余分な力が抜け、より効果的に体を動かすことができます。ポイント2(お手本どおりでなくてOK)写真と同じようにヨガのポーズをとることに一生懸命になってしまいがちですが、無理をしてまねても意味がありません。ねじったり、伸ばしたりするヨガのポーズのときは、痛いと感じる一歩手前でストップします。自分が気持ちいいと感じるところでポーズを止めてください。ポイント3(ヨガのポーズをとったら深呼吸)ポーズをとったら、それぞれのポーズで指示している呼吸数や時間を目安に、深呼吸をします。体の内側の感覚に意識を集中し、体の変化に耳を傾けるような気持で自然な呼吸を繰り返しましょう。

上半身のむくみ解消の方法

(足と手のヨガのポーズで、上半身のむくみ解消)1両足を肩幅に開いて、背筋を伸ばしてまっすぐ立ちます。2軽く膝を曲げ、深呼吸しながらゆっくり上体を前に倒して、両手のひらを床につけるように、そのときは首の力は抜くようにします。そのままの姿勢で5〜10回深呼吸した後、口を大きく開けるなどして、顔の筋肉を大きく動かします。3ゆっくりとお尻を落として、上体を起こします。少し呼吸を整えてから立ち上がります(1〜3)を3回行います。苦しい人は、無理に膝を伸ばそうとしないで(背中が丸まり効果が半減)。ひざを曲げてもいいので、背筋が伸びることを最優先にしましょう。前屈することによって一時的に上体に圧力→圧力が戻ろうとする力でリンパの流れがスムーズになります。また顔を動かすと筋肉が動きリンパが滞りが、改善されます。

Copyright© 2015 お得なlifeを送る|サービスやスクールを有効に活用する All Rights Reserved.